話題の水素水で体を元気にする|体内から効果を実感

目的に合わせて決めよう

健康食品

タイミングは大切

青汁は薬ではありませんので、飲むタイミングが決められてはいません。しかし、飲むタイミングを考慮することにより、効果を高めることが出来ると考えられます。青汁を飲むのに最適なタイミングは、何を目的としているのかにより異なります。もし、栄養補給を目的としているのであれば、起床後すぐがおすすめです。睡眠中は起きている場合と比較して、エネルギーの消費量は少ないですが、思っている以上にエネルギーを消費しているものです。胃の中に何も入っていない状態ですので、比較的栄養を吸収しやすいと言えます。ただし、空腹時に冷たい状態の飲み物を飲むと、胃に負担がかかりますので、常温で飲むか、時間をかけて飲むようにすると良いでしょう。

薬が必要をなる前に

青汁には、食物繊維が他の飲み物と比較してたくさん含まれています。そのため、便秘解消効果を期待することが出来ます。便秘は一度薬を使ってしまうと、なかなかやめることが出来ないものです。青汁を生活に取り入れることにより、比較的体に負担をかけずに便秘解消をすることが出来る可能性があります。便秘解消を目的として青汁を飲む場合には、就寝2時間から3時間前がおすすめです。就寝直前に飲むと、腸の動きが活発になってしまうため、眠ることが出来なくなる可能性がありますので注意が必要です。ただし、飲み過ぎてしまうと下痢を引き起こす原因となる可能性がありますので、そのような症状があらわれた場合には飲む量を減らすなどの工夫をしましょう。

Copyright © 2016 話題の水素水で体を元気にする|体内から効果を実感 All Rights Reserved.